スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神の易が示す 4象・8卦

神の易が示す 4象・8卦

縦横9枠の基本形の場合

ⅠとⅢは180度方向を変えた同じもの

ⅡとⅣも180度方向を変えた同じもの

4象8卦1


4象8卦2

4象・8卦の解説

1つの面であるが

8つの数列象が重なっている

4象8卦3

神の易における4象とは
Ⅰ面からⅣ面の変化象のことであり、
8卦象とは赤色のⅠ面で説明すると
この面をよく観察すると8つの数列
(4つの数列は逆数列)の面が重なっている。

具体的には1差数列の①方向だけを見ると
面全体が1差数列の面になっている。

このように1面で8つの象が重合していると
捉えるのが8卦象の考えである。


4象8卦4


4象8卦5


4象8卦6


4象8卦7


4象8卦8


4象8卦9


4象8卦10


4象8卦11



神の易図の概略解説

神の易図が示す共通事項
(霊魂を樹木に例える)



① 0から陰陽の交わりにより粒子が発生する。
  陰の霊界と陽の霊界、2つの霊界があり
  陰は魂であり、陽は霊である。  
  霊魂は陰陽の重合したサイコロ粒子と考えられる。

② 現象世界に現れた粒子は分裂増殖し、
  2枠立方体の細胞核となる。
  樹木に例えると陰の種である。

③ 陰の種は発育成長し、樹となり、
  花を咲かせ実をつける。(陰の種の極限

④ 陰の実は陽の種を抱いており、
  この種が発育成長するため、陰陽の交代が陰陽同時に起こる。

⑤ 天地間の万物は種、樹、花、実(陰の生成変化)から
  種、樹、花、実(陽の生成変化)と循環する。

  陰 → 陽 → 0 → 陰 → 陽 → 0 → 陰 →→→→

⑥ 発生時の最初の数により、数の持つ数列に生涯支配される。
  (陰の種で宿命である)

⑦ 循環する故に四象(春夏秋冬)が発生する。

⑧ 霊魂の消滅はなく、霊魂はそのまま残り、
  肉体が滅ぶと新たな生命が発生する循環となることを示している。
  (因果律を逃れないと四生六道輪廻を繰り返す)



正六面体が示す人の8変化


その1    生命の種が生じる。(陰の種)    2枠立方体
その2    成長して、樹となる。(陰の樹)   4枠立方体
その3    成長して、花が咲く。(陰の花)   6枠立方体
その4    成長して実となる。(陰の実)    8枠立方体


陰の極限


その5    上記陰の実から陽の種が生じる。   1枠立方体


陰中の陽


その6    成長して、樹となる。(陽の樹)   3枠立方体
その7    成長して、花が咲く。(陽の花)   5枠立方体
その8    陽の実は陰の種を抱いて、その生涯を終える。  7枠立方体


陽の極限・陽中の陰


陽の極限に達すると0に帰り、
因果律により「陰の種」が1~8の何れかとなり、循環する。

(陰の種については四柱推命占いが参考になる)


カテゴリ

プロフィール

ホクラの梅

Author:ホクラの梅


「神の数学」佐藤敏夫先生の後継者である、梅村一彦先生主宰のWEB進化版「神の数学 梅のはな開花塾」へようこそ♪

童謡「カゴメ歌」に秘められているカゴの中のトリが今現在出ています。

インターネット上に公開されている「神の数学」を御覧下さい。

当塾はトリの正体である循環数学を解説しています。

神のメッセ-ジ・コ-ドを紐解き『数の世界(意識世界)』の扉を一緒に啓いていきましょう。

御訪問ありがとうございます

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。