スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤタノカカミ図象の示す8数列  3 天津金木の法

天津金木の法回転


後ろの正面について

後ろの正面の意味については、
正面を裏返した面であろうと考えていたのでありますが、
平面方陣を天津金木の法に基づき、立体化作業をしてみてみると、
必ずしもそうではないことが分かってきました。

当たらずとも遠からずの解釈だったので、
改めてここで童謡「かごめ」歌に秘められた謎の歌詞
「後ろの正面」について説明します。

3 天津金木の法

を併読してください。

平面の正方陣を立体構造として、
考える場合に立体化するために必要となる面のことで、
例えば、春夏秋冬の四季で考えてもらえば、
その1つの季節を代表するようなものであり
地球がまわりてめぐる回転をしているために生じる現象なのであります。

これまでサイコロを組み立て天津金木の法に挑戦して、
考えていたことは正面に当たる方陣以外の側面は正面を順次裏返しにしてつないでいけば、
完成出来るので正面以外の側面が全て「後ろの正面」に当たるのではないかと思い続けていたのです。

ところが実際に正方陣を立体化する作業を精査して、
正面を裏返す作業をくりかえしていると裏の裏は正面になるので、
何も変化がないのではないかという疑問が残ります。

「後ろの正面」が側面に現れるということには、疑問を持ってはいたのですが、
立体化する故に正面を裏返しにするだけで「後ろの正面」が生じるのではないことが分かりました。

天津金木の法により、まず立体の平面図的なものを作成し、
数を配置してみるとその配置が正面を裏返し、
さらに裏返しして正面に戻った面が
正面を180度転回した状態になっていることが新たに判明し、
この180度転回した正面が「後ろの正面」だということになります。

そうすると、これまで正面を裏返しにした面を全て「後ろの正面」と考えていたことは誤りであり、
正確には4象に対応する4面は

どの面を正面にしても後ろの正面はただ1つ
180度転回した正反対の面である


ということになります。

したがって、「後ろの正面」は正面とは全て逆になるということであり、
正面の数の流れが →→→ のように右方向に向かっているとすれば、
後ろの正面では ←←← のように左方向に向かっていることになります。

人で例えれば、前を向いてる人が後ろを向いて同じ動作をすれば逆に成る理であるのです。


カテゴリ

プロフィール

ホクラの梅

Author:ホクラの梅


「神の数学」佐藤敏夫先生の後継者である、梅村一彦先生主宰のWEB進化版「神の数学 梅のはな開花塾」へようこそ♪

童謡「カゴメ歌」に秘められているカゴの中のトリが今現在出ています。

インターネット上に公開されている「神の数学」を御覧下さい。

当塾はトリの正体である循環数学を解説しています。

神のメッセ-ジ・コ-ドを紐解き『数の世界(意識世界)』の扉を一緒に啓いていきましょう。

御訪問ありがとうございます

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。