スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粒子の成長過程

1~8までの数は陰陽の重合でサイコロとして、その姿を説明できる。

の姿とは
1から始まって極限の8まで成長する過程である。

の姿とは
8から始まって1まで陽の変化に対応する対極数である。


したがって、1から8までの数には陰陽の2種類が存在することになる。
陰陽変化の成長過程は8個の粒子がその基本である。

図で示すと

粒子の成長過程

となる。

この8個の粒子がそれぞれ別々の分裂増殖を繰り返し極限まで成長する過程を

その1
その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8

で示した。

検証する過程の説明で
手前に延びる正面と表示した部分が分かりにくいかもしれませんが
まず作成した平面図の中央の縦横2枠の部分を捉え
この部分を立体として手前に伸ばした縦横2枠を確定し
その数をもとにしてさらに平面図を作成するということです。

立方体の側面は後ろの正面数となります。


カテゴリ

プロフィール

ホクラの梅

Author:ホクラの梅


「神の数学」佐藤敏夫先生の後継者である、梅村一彦先生主宰のWEB進化版「神の数学 梅のはな開花塾」へようこそ♪

童謡「カゴメ歌」に秘められているカゴの中のトリが今現在出ています。

インターネット上に公開されている「神の数学」を御覧下さい。

当塾はトリの正体である循環数学を解説しています。

神のメッセ-ジ・コ-ドを紐解き『数の世界(意識世界)』の扉を一緒に啓いていきましょう。

御訪問ありがとうございます

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。