神の易 第2弾 1 「9進法の立体循環数学」 

1. 9進法の立体循環数学

現在の数学は10進法の直線数学である。

別の数学体系があるとは誰も知らないし、疑う者さえいない。
ただ学者達は行き詰まりを感じて模索しているようである。

何が違うのか?

違うといえば根本的に違う。

0、9、10、の3数字の扱い方が違うといえば、ただそれだけである。
根本的に違う点は直線に進む数学ではなく、
マワリテメグル循環数学であり、
数が天地四方(サイコロ)の粒子であることである。

古来、「天津金木の法」とも、
「天津金木学」とも呼ばれていたが、
今では神道の祝詞にその名がでてくるのみとなり
一般には忘れ去られている。 

ひふみ99算表2

ここに掲げた数表は「ひふみ九九算表」であるが、
この表の横列を見ると一番上の列から下に向かって、

0差数列
1差数列
2差数列
3差数列
4差数列
5差数列
6差数列
7差数列
8差数列
0差数列

が並んでいる。

9進法循環数学とは1 9進法循環数学とは2

縦列も一番左の列から右に向かって同様の数列が並んでいるが、
枠の周囲が全て0で囲まれているから、
現代数学ではこの枠を越えて枠の外に出ることができないのである。

例えでいえば、孫悟空が釈迦の手のひらから出ることが出来ないのと同じである。
9進法の循環数学では簡単にこの枠の外にでることができる。
枠がないからである。

0の働きが全く異なる差である。

それではこれらの数列がどうなっているのか
次に説明する9進法の全貌で検証してほしい。

すべてはこの図から始まり、この図に終わる。

マワリテメグル1

9進法

・9=0
・9の倍数は0
・2桁の数を持たない
・1桁にする


マワリテメグル

現在の数学(直線数学)
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 747 48 49 50 51 52 53 54 55 56 ・・・・・・・・・延びるのみ

古代の数学(循環数学)
0 1 2 3 4 5 6 7 8 0 1 2 3 4 5 6 7 8 0 1 2 3 4 5 6 7 8 0 1 2 3 4 5 6 7 8 0 1 2 3 4 5 6 7 8 0 1 2 3 4 5 6 7 8 0 1 2・・・・・・・・・・循環する

アンドロメダ








プロフィール

ホクラの梅

Author:ホクラの梅


「神の数学」佐藤敏夫先生の後継者である、梅村一彦先生主宰のWEB進化版「神の数学 梅のはな開花塾」へようこそ♪

童謡「カゴメ歌」に秘められているカゴの中のトリが今現在出ています。

インターネット上に公開されている「神の数学」を御覧下さい。

当塾はトリの正体である循環数学を解説しています。

神のメッセ-ジ・コ-ドを紐解き『数の世界(意識世界)』の扉を一緒に啓いていきましょう。

御訪問ありがとうございます

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR