カゴメ歌 後ろの正面の算出法(日本人にしか解けない) その1

鬼ひとつの数に対する周囲8個の数の関係(1:8)
数の配置はランダムでよい


カゴメ1
鬼は①である
鬼にたいする数は①を取り巻く周囲の数である
周囲の数を加算して、1桁化すると8が得られるこの8が①に対する後ろの正面であり、
①を陽とすれば後ろの正面8は陰で陰陽のバランスがとれる仕組みになっている

カゴメ2
鬼は②である
鬼にたいする数は②を取り巻く周囲の数である
周囲の数を加算して、1桁化すると7が得られる
この7が②に対する後ろの正面であり、②を陽とすれば後ろの正面7は陰で
陰陽のバランスがとれる仕組みになっている

カゴメ3
鬼は③である
鬼にたいする数は③を取り巻く周囲の数である
周囲の数を加算して、1桁化すると6が得られる
この6が③に対する後ろの正面であり、③を陽とすれば後ろの正面6は陰で
陰陽のバランスがとれる仕組みになっている

カゴメ4
鬼は④である
鬼にたいする数は④を取り巻く周囲の数である
周囲の数を加算して、1桁化すると5が得られる
この5が④に対する後ろの正面であり、④を陽とすれば後ろの正面5は陰で
陰陽のバランスがとれる仕組みになっている

カゴメ5
鬼は⑤である
鬼にたいする数は⑤を取り巻く周囲の数である
周囲の数を加算して、1桁化すると4が得られる
この4が⑤に対する後ろの正面であり、⑤を陽とすれば後ろの正面4は陰で
陰陽のバランスがとれる仕組みになっている

カゴメ6
鬼は⑥である
鬼にたいする数は⑥を取り巻く周囲の数である
周囲の数を加算して、1桁化すると3が得られる
この3が⑥に対する後ろの正面であり、⑥を陽とすれば後ろの正面3は陰で
陰陽のバランスがとれる仕組みになっている

カゴメ7
鬼は⑦である
鬼にたいする数は⑦を取り巻く周囲の数である
周囲の数を加算して、1桁化すると2が得られる
この2が⑦に対する後ろの正面であり、⑦を陽とすれば後ろの正面2は陰で
陰陽のバランスがとれる仕組みになっている

カゴメ8
鬼は⑧である
鬼にたいする数は⑧を取り巻く周囲の数である
周囲の数を加算して、1桁化すると1が得られる
この1が⑧に対する後ろの正面であり、⑧を陽とすれば後ろの正面1は陰で
陰陽のバランスがとれる仕組みになっている

カゴメ0
4種類
鬼は0である
鬼にたいする数は0を取り巻く周囲の数である
周囲の数を加算して、1桁化すると9が得られる
この9が0に対する後ろの正面であり、0を陽とすれば後ろの正面9は陰で
陰陽のバランスがとれる仕組みになっている
しかし0~8までの数の関係であるから9という数はない。
すると正確には9に相当する1と8、
2と7、3と6、4と5、の加算したもの4種類が0に対する後ろの正面となる。

カテゴリ

プロフィール

ホクラの梅

Author:ホクラの梅


「神の数学」佐藤敏夫先生の後継者である、梅村一彦先生主宰のWEB進化版「神の数学 梅のはな開花塾」へようこそ♪

童謡「カゴメ歌」に秘められているカゴの中のトリが今現在出ています。

インターネット上に公開されている「神の数学」を御覧下さい。

当塾はトリの正体である循環数学を解説しています。

神のメッセ-ジ・コ-ドを紐解き『数の世界(意識世界)』の扉を一緒に啓いていきましょう。

御訪問ありがとうございます

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR