FC2ブログ

神の数字が示す「神の易」 8

8   神話との対比 (神の数学からの解釈)



別天つ神

天之御中主神          宇宙南北を貫く心柱を担当

タカミムスビ神          陽電子の担当支配

カムミムスビ神          陰電子の担当支配

ウマシアシカビヒコジの神   横軸担当

アメノトコタチ神         縦軸担当



神代7代

1代   国之常立神          地を担当   天地が分かれる

2代   トヨクモノ神          天を担当   天地が分かれる

3代   ウヒジ二神 ・ スヒジ二神  ①---  2柱セットの数誕生

4代   ツノグヒ神 ・ イクグヒ神   ②---  2柱セットの数誕生

5代   オホトノジ神 ・ オホトノベ神  ③---  2柱セットの数誕生

6代   オモダル神 ・ アヤカシコネ神  ④---  2柱セットの数誕生

7代   イザナギ神 ・ イザナミ神  ⑨---  2柱セットの数誕生

は後に0に変わる




万物創生の根源となるヤタノカカミの八卦盤


これが神の易20


神代7代に至って万物創生の八卦盤が完成した。

この八卦盤がヤタノカカミである。

この八卦盤から万物が陰陽セットで創生される。

故に万物創生の根源はヤタノカカミとなる。


イザナギ神が現実世界を担当し、イザナミ神が霊界を造った。

八卦盤の完成はこのように、別天つ神5代、神代7代を経て

八卦盤が完成しているのである。

この八卦盤が万物創生の根源であり、

神代8代の夫婦神のイザナギ、イザナミがこの八卦盤を使って

万物の創生を開始したが、道半ばで、挫折した。

イザナミ神が霊界を造って現象世界と霊界が分かれた。

現象世界に残ったイザナギ神は独り神として、

八卦盤にて万物の創生を続け、今日にいたる。

神話の概略であるが、

八卦盤ができるいきさつを伝えていることが、明白になった。


八卦盤が八百万の神々で造られていることが明らかとなった。

八百万の神々の結集体から造られている3種類の八卦盤のことを

ヤタノカ神  というのである。




カテゴリ

プロフィール

ホクラの梅

Author:ホクラの梅


「神の数学」佐藤敏夫先生の後継者である、梅村一彦先生主宰のWEB進化版「神の数学 梅のはな開花塾」へようこそ♪

童謡「カゴメ歌」に秘められているカゴの中のトリが今現在出ています。

インターネット上に公開されている「神の数学」を御覧下さい。

当塾はトリの正体である循環数学を解説しています。

神のメッセ-ジ・コ-ドを紐解き『数の世界(意識世界)』の扉を一緒に啓いていきましょう。

御訪問ありがとうございます

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR