神の数学と両界曼荼羅 (続)

神の法陣の中心核を立体化した立体方陣を検証する。

神の法陣には

(1) 0を中心とした放射状循環数列配置の法陣
(金剛界曼荼羅に相当)

両界曼荼羅10


(2) 完全循環数列配置の法陣
(胎蔵界曼荼羅に相当)

両界曼荼羅11


の2種類が判明したので、
天津金木の方法にて立体化すると、

両界曼荼羅12


となる。

中心核が六合(縦横、前後、左右)に極限まで拡大、
成長する立体法陣については

・天津金木の組み立て
・ヤタノカカミの全貌8種類

両界曼荼羅13

を参照ください。



胎蔵界曼荼羅の中台八葉院に描かれている諸仏


肉眼では見ることはできないが
中心核として存在している

両界曼荼羅14





カテゴリ

プロフィール

ホクラの梅

Author:ホクラの梅


「神の数学」佐藤敏夫先生の後継者である、梅村一彦先生主宰のWEB進化版「神の数学 梅のはな開花塾」へようこそ♪

童謡「カゴメ歌」に秘められているカゴの中のトリが今現在出ています。

インターネット上に公開されている「神の数学」を御覧下さい。

当塾はトリの正体である循環数学を解説しています。

神のメッセ-ジ・コ-ドを紐解き『数の世界(意識世界)』の扉を一緒に啓いていきましょう。

御訪問ありがとうございます

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR