数は8個の数との結合体(塊)を示す

数は数列の8重合相を示していることは、
すでに解明したところであるが、
一個の数を基準にして検討してみると、
どの数も周囲を取り巻く8個の数と結合している。

さらにその8個の数も同じように、
それぞれの数が別々の8個の数と結合している。

従って一個の数は周囲を取り巻く8個の数との結合体として、
個の集まりが全体を構成している集合体というか、
一つの塊として結合し、
網目のように絡み合っていることになります。

この塊を分離して、塊の最小単位を調べようとしても、分離した塊の部分は
他の塊の一部になっているという繰り返しになるので、
数としての1~8は単独では存在せずに、一つの塊として、
部分と全体を同時に構成しているということになります。


8個結合体1



8個結合体

------------------------

『0』 について検証

0 の結合体を分離すると 1.2.3.4.5.6.7.8 となる

逆に加算すると (1+2+3+4+5+6+7+8) 36=9 となる

検証の結果

0は9と同じですから、
0は0を取り巻く周囲の数8個の結合体を示しています。
0は特殊な数で、対極数がありません。

------------------------

『1』 についての検証

1 の結合体を分離すると 0.2.3.4.5.6.7.8 となる

逆に加算すると (0+2+3+4+5+6+7+8) 35=8 となる

検証の結果

1は単一の数ではなく対極数8との重合体を示す。

------------------------

『2』 についての検証

2 の結合体を分離すると 0.1.3.4.5.6.7.8 となる

逆に加算すると (0+1+3+4+5+6+7+8) 34=7 となる

検証の結果

2は単一の数ではなく対極数7との重合体を示す。

------------------------

『3』 についての検証

3 の結合体を分離すると 0.1.2.4.5.6.7.8 となる

逆に加算すると (0+1+2+4+5+6+7+8) 33=6 となる

検証の結果

3は単一の数ではなく対極数6との重合体を示す。

------------------------

『4』 についての検証

4 の結合体を分離すると 0.1.2.3.5.6.7.8 となる

逆に加算すると (0+1+2+3+5+6+7+8) 32=5 となる

検証の結果

4は単一の数ではなく対極数5との重合体を示す。

------------------------

『5』 についての検証

5 の結合体を分離すると 0.1.2.3.4.6.7.8 となる

逆に加算すると (0+1+2+3+4+6+7+8) 31=4 となる

検証の結果

5は単一の数ではなく対極数4との重合体を示す。

------------------------

『6』 についての検証

6 の結合体を分離すると 0.1.2.3.4.5.7.8 となる

逆に加算すると (0+1+2+3+4+5+7+8) 30=3 となる

検証の結果

6は単一の数ではなく対極数3との重合体を示す。

------------------------

『7』 についての検証

7 の結合体を分離すると 0.1.2.3.4.5.6.8 となる

逆に加算すると (0+1+2+3+4+5+6+8) 29=2 となる

検証の結果

7は単一の数ではなく対極数2との重合体を示す。

------------------------

『8』 についての検証

8 の結合体を分離すると 0.1.2.3.4.5.6.7 となる

逆に加算すると (0+1+2+3+4+5+6+7) 28=1 となる

検証の結果

8は単一の数ではなく対極数1との重合体を示す。

------------------------


物理学は、物質の最小単位を追求し続けている。

部分的なことから追求して、全体の根源を解明しようとの発想である。

素粒子を衝突させて新たな物質を探しているが、0を解明出来るのであろうか?

神の数学は全体の根源から始まる循環数学なので、発想が逆である。


一個の数は8個の数との結合体(塊)を示している



ヤタノカカミ数列(完全循環数列)配置図を見てください。

この図の中でどの数でもいいから、自分で決めた数の周囲8数を確認すれば、

その数が何処にあっても同じ8個の数が結合しているのが分かると思います。




カテゴリ

プロフィール

ホクラの梅

Author:ホクラの梅


「神の数学」佐藤敏夫先生の後継者である、梅村一彦先生主宰のWEB進化版「神の数学 梅のはな開花塾」へようこそ♪

童謡「カゴメ歌」に秘められているカゴの中のトリが今現在出ています。

インターネット上に公開されている「神の数学」を御覧下さい。

当塾はトリの正体である循環数学を解説しています。

神のメッセ-ジ・コ-ドを紐解き『数の世界(意識世界)』の扉を一緒に啓いていきましょう。

御訪問ありがとうございます

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR