ヤタノカカミ図象が示す物理象

ヤタノカカミ図象が示す物理象


神道が「天地の数歌」や「ひふみ祝詞」をもって、

現代の私達に伝えようとしている内容は、

人知をはるかに凌ぐ驚愕の数理である9進法の循環数学でした。

古神道の真髄がその姿を見せ始めたことから、

10進法の現代数学の矛盾が浮き彫りにされ、

私達の未だ知らない別体系の数学の存在が判明したのです。

この別体系数学は数理の研究が深まるにつれ、人知の及ばぬ、

計り知れない未来へと導いてくれる可能性が大となりました。

「ヤタノカカミ図象」は、3種の神器の一つとして崇められている「鏡」に秘められた

目には見えない物理象をカタチにしたものでした。


周期律9


数の配置には、円陣、方陣、立体方陣としての配置が考えられるが、

いずれも表現方法が異なるだけで内容は同一であることを確認ください。

よって、まず方陣を作成して数配置を固定整理してから

円陣、立体方陣へと変換し検討すれば、対極数面(後ろの正面)も判明する。


周期律10




周期律11







カテゴリ

プロフィール

ホクラの梅

Author:ホクラの梅


「神の数学」佐藤敏夫先生の後継者である、梅村一彦先生主宰のWEB進化版「神の数学 梅のはな開花塾」へようこそ♪

童謡「カゴメ歌」に秘められているカゴの中のトリが今現在出ています。

インターネット上に公開されている「神の数学」を御覧下さい。

当塾はトリの正体である循環数学を解説しています。

神のメッセ-ジ・コ-ドを紐解き『数の世界(意識世界)』の扉を一緒に啓いていきましょう。

御訪問ありがとうございます

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR