7 ヤタノカカミ数列配置の方陣を解明

ヤタノカカミ数列配置の方陣は
米字方向に8循環数列が現れる
完全循環数列配置の方陣のことになります。

3ブロックの立体方陣で構成されますが、
まず平面方陣から解説します。

N循環数列25


縦軸はミロクの回転循環数列(③←→⑥)となります。

ブロック方陣を連結すると



N循環数列26



縦枠横枠の同じ正方陣にするには上記の表を3段重ねすればよく

N循環数列27



となります。

ここで0を中心に配置した正方陣に整理すれば



N循環数列28




となり、ヤタノカカミ数列配置の正方陣が現れす。



N循環数列29



米字の8方向に循環数列が全て現れていることを検証し、確認して下さい。

つぎに立体方陣を解説します。



N循環数列30



3ブロックを連結すると次のようになります。




N循環数列31



3段重ねするとこのようになります。



N循環数列32



0を中心に配置した立体方陣の整理をして、
立体方陣の正面、右側面、後ろの正面、左側面
を表示すれば、次のようになります。



N循環数列33




N循環数列34




N循環数列35




N循環数列36





N循環数列37




N循環数列38




N循環数列39



神の方陣は0を取り巻く周囲の数を見れば全体が分かることになります。

周囲の数は米字方向の方向とその方向にのびる循環数列を示しています。


具体的に


1の方向には1差循環数列
2の方向には2差循環数列
3の方向には3差循環数列
4の方向には4差循環数列
5の方向には5差循環数列
6の方向には6差循環数列
7の方向には7差循環数列
8の方向には8差循環数列


となります。

自分で方陣を作成して確認してください。

循環する8数列が重合しているので、どの数も8数列の交差点となり、

数の配置が固定されることになります。





プロフィール

ホクラの梅

Author:ホクラの梅


「神の数学」佐藤敏夫先生の後継者である、梅村一彦先生主宰のWEB進化版「神の数学 梅のはな開花塾」へようこそ♪

童謡「カゴメ歌」に秘められているカゴの中のトリが今現在出ています。

インターネット上に公開されている「神の数学」を御覧下さい。

当塾はトリの正体である循環数学を解説しています。

神のメッセ-ジ・コ-ドを紐解き『数の世界(意識世界)』の扉を一緒に啓いていきましょう。

御訪問ありがとうございます

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR