スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数は時空を超え過去現在未来を示す

過去現在未来1


数は縦軸において、数の連結が示されており、

三位一体である事が判明したので検証されることをお願いします。

過去現在未来2


3種類の縦軸は3差循環数列(③←→⑥)で連結しており、

回転方向も一定しています。


過去現在未来3


現在1の数が現れたとします。

しかし、目に見えるのは1だけですが、この1には背後に対極数の8が重合し、

さらに 1 - 7 - 4 とが三位一体に連結しています。

数の循環が決まっていることから、1の未来は連結している7と変わることになり、

1の前の数は4だったことが分かります。

連結してはいるが、未来や過去の数は隠れているので、

数の変化態をしらないと理解不能となります。


過去現在未来4


現在2の数が現れたとします。

目に見えるのは2だけですが、この2は背後に対極数の7が重合し

さらに 2 - 8 - 5 と三位一体に連結しています。

2の未来変化は8であり、過去は5だったことになります。


過去現在未来5


3については、3が現在現れたとして検討すれば、

目に見えるのは3だけとなります。

しかし3の背後には、対極数6があり、

さらに 3 - 0 - 6 と三位一体に連結しています。

3の未来変化は0

過去は6だったことになります。


数が三位一体になっていることを考慮してサイコロ粒子を作成すれば、

1 - 7 - 4



2 - 8 - 5

がお互いに対極数の関係になっていることから、

2個のサイコロ粒子で1~8数を表現することができます。


過去現在未来6


過去現在未来7


黒色の数が現実の現象世界(この世)に現れている場合

連結している三位一体の数の赤色の数は過去の数を現わし、

青色の数は未来の数を現わすことになります。

赤、青色の数はこの世からは見えない潜象世界(あの世)に所属する数ということになります。

2相を1象として捕えるフトマニより、さらに高度な3相を1象として捕える意識の世界で、

時空を超える過去、現在、未来が循環していると考える思想の根拠だと思います。


過去現在未来8


過去現在未来9


過去現在未来10


同様に


過去現在未来11


を示しているので、過去現在未来は連結して循環していることを数が証明してくれます。

さらに論を進めて、ヤタノカカミ(9進法の立体循環数学)についての検討をしてみますと、

縦軸に過去、現在、未来の三世の変化が明確に示されているのですが、

今まで全く気づきませんでした。

これまた驚愕の事実としか言いようがありません。

9進法の完全循環数列配置を示すヤタノカカミをまず見てください。


過去現在未来12


上層1段目が現世の数を示しているとき

上層2段目の数は来世の数を示しているが現世には現れず分からない。

上層3段目の数は過去世の数を示しているが過去世の数として隠れているので、この数も分からない。

しかし、数は三位一体で循環していることから、現世の数しか分からないことになる。

この図が示しているのは、上、中、下の3つの層が同じ状態を示しているので

三層構造であることが示されている。

数の連結状態を検討した際にも三層構造になるので、不思議に思っていたが、

連結する循環数列が異なるので、三層構造は同じ数であっても、

中身が違うのだろうと勝手に解釈していた。

なぜ三層構造なのかは不明である。


完全循環数列配置の方陣は必ずこの三層構造になる。

何故かと言えば、縦軸の循環数列は③←→⑥となるからで、

その種類も3種類あるからてある。

3種類と言うのは、

過去現在未来13


のことです。


過去現在未来14


過去、現在、未来は連結し循環することを数が示している。



スポンサーサイト

ヤタノカカミの全貌8種類

「ひふみ99算表」を指南役にして、数の連結を立体化すると、

ヤタノカカミ(9進法の立体循環数学)の全貌が現れる。

天地を軸に回転する側面は人を現わし、四面ある故に4象が発生する。

四面は縦軸、横軸の循環数列に加え、斜めの循環数列も発生する

完全循環数列の立体構造物を示し、小宇宙を示している。

横軸の循環数列の変化に伴い8種類の存在が確認できる。




(1) 1種類目

側面横数列  1差循環数列


数の連結立体化1

数の連結立体化2


(2) 2種類目

側面横数列  2差循環数列


数の連結立体化3

数の連結立体化4


(3) 3種類目

側面横数列  3差循環数列


数の連結立体化5

数の連結立体化6


(4) 4種類目

側面横数列  4差循環数列



数の連結立体化7

数の連結立体化8


(5) 5種類目

側面横数列  5差循環数列



数の連結立体化9

数の連結立体化10


(6) 6種類目

側面横数列  6差循環数列



数の連結立体化11

数の連結立体化12


(7) 7種類目

側面横数列  7差循環数列



数の連結立体化13

数の連結立体化14


(8) 8種類目

側面横数列  8差循環数列


数の連結立体化15

数の連結立体化16













カテゴリ

プロフィール

ホクラの梅

Author:ホクラの梅


「神の数学」佐藤敏夫先生の後継者である、梅村一彦先生主宰のWEB進化版「神の数学 梅のはな開花塾」へようこそ♪

童謡「カゴメ歌」に秘められているカゴの中のトリが今現在出ています。

インターネット上に公開されている「神の数学」を御覧下さい。

当塾はトリの正体である循環数学を解説しています。

神のメッセ-ジ・コ-ドを紐解き『数の世界(意識世界)』の扉を一緒に啓いていきましょう。

御訪問ありがとうございます

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。