2 縦軸の和、縦軸そのものに現れるN差数列

枠数=縦軸数列


nxn17.jpg


nxn18.jpg


正方陣の枠数を増やし続けて検討すれば、
縦横37枠の正方陣に至って元の位置に戻る


nxn19.jpg


との結論に達する。


その理由は「神の法陣表」に示されるN差数列が
そのまま「ひふみ99算表」に現れ4巡して元に戻り、
その後は循環することを示しているからです。


nxn20.jpg


数はひふみ99算表の平面が4象変化を伴って1巡し、
循環する立方体陣であることを暗示しています。


4象変化は4季の春夏秋冬とおなじです。


nxn21.jpg


色分けしているとおりです。


nxn22.jpg


1 横軸の輪として現れるN×N差数列

1 横軸の輪として現れるN×N差数列
については、数の裏には数が重合しているという
「後ろの正面数」を示す根拠となる循環数列です。

縦横1枠から縦横9枠の正方陣で
N×N差数列の同じ正方陣が4組あります。

nxn1.jpg

の4組が同じと確認できる。
枠数が異なるので、条件を統一して比較すべく

0を中心とした縦横9枠の正方陣を作成

して検討することとした。

nxn2.jpg

2つの正方陣を重ねると、表裏にわたって米字方向に循環数列が成立し、
表の0から発し、裏の0に収まる数列が循環数列として繋がっていることが分かります。

さらに表裏に重ねた数を加算すれば、
図のように

nxn3.jpg

・・・となります。

nxn4.jpg

この正方陣も同様に

2つの正方陣を重ねると、
表裏にわたって米字方向に循環数列が成立し、
表の0から発し、裏の0に収まる数列が
循環数列として繋がっていることが分かります。

表裏を重ねた数を加算すれば、図のように

nxn5.jpg

となります。

nxn6.jpg

この正方陣も同様に
2つの正方陣を重ねると、
表裏にわたって米字方向に循環数列が成立し、
表の0から発し、裏の0に収まる数列が
循環数列として繋がっていることが分かります。

表裏を重ねた数を加算すれば、図のように

nxn7.jpg

となります。

nxn8.jpg

この正方陣も同様に
2つの正方陣を重ねると、
表裏にわたって米字方向に循環数列が成立し、
表の0から発し、裏の0に収まる数列が
循環数列として繋がっていることが分かります。

表裏を重ねた数を加算すれば、図のように

nxn9.jpg

となります。

表裏に関する循環数列の循環状況は表の0から始まり、
極限に達すると裏面となって裏面の0に収束し、
同じ数列の流れが循環していることが確認できます。

数は表から裏、裏から表と循環していることになります。
図で見る方が分かりやすく

図示すれば


nxn10.jpg


nxn11.jpg


nxn12.jpg


nxn13.jpg


nxn14.jpg


nxn15.jpg


nxn16.jpg


神の法陣表に現れる循環数列

神の法陣表に現れる循環数列


hozin1.jpg

hozin2.jpg

神の法陣表について解説します。

数を千座の置き座に配置してみてください。

文言の意味するところは、純粋、横枠同数の正方形枠の中に、
数を順序正しく配置する正方陣のことを古語で千座の置座と表現しています。

魔方陣では数理の現れることはありません。

正法陣の検証では、縦横1枠から、縦横9枠の正法陣を検討するだけで、
数の仕組みが分かることになります。

それ以上の正方陣はすべて相似象となります。

神の法陣表に現れる循環数列

の表の説明からはじめます。

Nは枠数のことで、1桁化した数です。

hozin3.jpg

が成立します。

対角線数列が

N-1数列
N+1数列

となります。

カテゴリ

プロフィール

ホクラの梅

Author:ホクラの梅


「神の数学」佐藤敏夫先生の後継者である、梅村一彦先生主宰のWEB進化版「神の数学 梅のはな開花塾」へようこそ♪

童謡「カゴメ歌」に秘められているカゴの中のトリが今現在出ています。

インターネット上に公開されている「神の数学」を御覧下さい。

当塾はトリの正体である循環数学を解説しています。

神のメッセ-ジ・コ-ドを紐解き『数の世界(意識世界)』の扉を一緒に啓いていきましょう。

御訪問ありがとうございます

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR