FC2ブログ

中心数グループの結合 2

(1) 完成


基本構図ができると、第2段階の成長過程に進み、各辺三段ブロックとなる。

グループの結合27


天地(上面と下面)を軸に回転する正面、

右側面、後ろの正面、左側面を平面として考えると、

無限に拡大する。

全体を拡大しようとすれば、

各辺が同じ拡大を続け入れ子状態となる。

グループの結合28


グループの結合29


グループの結合30


グループの結合31


グループの結合32


陰陽の対極数が結合している


グループの結合33


グループの結合34


この図には、3軸結合の断面図が顕れている。


グループの結合35


中心軸と横軸との結合


陰陽の対極数が結合している


グループの結合36


グループの結合37


この図には、3軸結合の断面図が顕れている。


グループの結合38


グループの結合39


グループの結合40


グループの結合41


天から見た平面立体図


グループの結合42


縦・横・中心軸の3軸結合基本構図ができると、

次には中心数ブロックを中心数の6差循環数列の法則に基づいて

グループの結合43


を実行すれば中心数ブロックは無限に増える(要検証)

具体例とすれば、まず平面図が分かり易いので、横軸について解説します。


グループの結合44


の図を見ながら検証してください。

数の進行方向は 1 2 3 4 5 6 7 8 0 1

と右方向に進行する場合、

中心数は 1 4 7 と逆方向の左方向に進み、

1 7 4 の3数限定で循環すると言うことを示しています。

1 7 4 1 7 4 1 7 4  となり、何が解るかと言えば、

この3数限定の数に関して、両隣の数が調和数になることです。

そのため、両隣の数は不変であることが

ひとつの真理として顕れたことになります。


1の両サイドは4と7

7の両サイドは1と4

4の両サイドは7と1

となるのです。これが横軸の中心数固定配置です。


グループの結合45


グループの結合46


縦軸の場合です。

縦軸は中心軸と間違いやすいので、要注意です。

縦軸として捉えているのは平面上のことで、

手前から奥行き方向に進む軸のことになります。

中心軸は天地を結ぶ軸で六芒星では 3 0 6 の中心軸がありません。

縦軸も数の進行方向

1 2 3 4 5 6 7 8 0 1

と奥行き方向に数が進むとき、

中心数は逆方向の手前の方に進み、

2 8 5 の3数限定で循環することを示しています。

グループの結合47


これが縦軸の中心数固定配置です。

中心軸の場合です。

グループの結合48


これが中心軸の中心数固定配置です。



中心数グループの結合 1

グループの結合1


グループの結合2


全体はⅠブロックの集合体


グループの結合3


1 中心数グループの結合の解明


中心数グループの結合を解明する前に

順序として数はどのように連結しているのかを検討する必要がある。

0~8までブロックの連結を検討する。


グループの結合4


検討結果

数の順序配列においては、数同士の結合は見られない。


グループの結合5


グループの結合6

グループの結合7

グループの結合8

グループの結合9

グループの結合10


グループの結合11

グループの結合12

グループの結合13

グループの結合14

グループの結合15

グループの結合16

グループの結合17

グループの結合18

グループの結合19

グループの結合20

グループの結合21

グループの結合22

グループの結合23

グループの結合24

グループの結合25

グループの結合26



カテゴリ

プロフィール

ホクラの梅

Author:ホクラの梅


「神の数学」佐藤敏夫先生の後継者である、梅村一彦先生主宰のWEB進化版「神の数学 梅のはな開花塾」へようこそ♪

童謡「カゴメ歌」に秘められているカゴの中のトリが今現在出ています。

インターネット上に公開されている「神の数学」を御覧下さい。

当塾はトリの正体である循環数学を解説しています。

神のメッセ-ジ・コ-ドを紐解き『数の世界(意識世界)』の扉を一緒に啓いていきましょう。

御訪問ありがとうございます

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR