数の配置と連結  4.正六面体で検討

4 正六面体で検討

サイコロを積み重ねて正六面体にした場合、次元の全貌が見えてくる。

1次元界(1差数列)2次元界(2差数列)の場合を例示とするが、

前に解説した「次元界全貌」と重なるので、そちらをご覧ください。

---------------------------------

メタトロンキューブ

メタトロンキューブ0

メタトロンキューブ1

メタトロンキューブ2

メタトロンキューブ3

メタトロンキューブ4


ヤタノカカミ図象

ヤタノカカミ図象

ヤタノカカミ図象1

------------------------------


1差数列立方体

1差数列キュウブ1



2差数列立方体

1差数列キュウブ2



3差数列立方体~8差数列立方体については
次元界全貌をご覧ください。


数の配置と連結  3.数の連結(結びつき) 2

81数による結びつきは

1差数列~8差数列を検討すると

1差数列の後ろの正面数列は8差数列
2差数列の後ろの正面数列は7差数列
3差数列の後ろの正面数列は6差数列
4差数列の後ろの正面数列は5差数列
5差数列の後ろの正面数列は4差数列
6差数列の後ろの正面数列は3差数列
7差数列の後ろの正面数列は2差数列
8差数列の後ろの正面数列は1差数列
1差数列の後ろの正面数列は8差数列

となっている。


方陣表横軸の数の流れは、図形の円周に沿い、
方陣表縦軸の数の流れは、円内にある三角形の回転リズムに沿う。


円が回転すれば、三角形は逆に回転
これを立方体で考えると、
三角形はプラトンの正四面体となる。
3個の正四面体が円の回転と逆回転していることになる。



内と外という観点からみれば、
外面と内面とはエネルギーの流れが逆になっている。


三角形の正四面体をプラトンの正四面体に当てはめると次のようになる。

結びつきプラトン正四面体

結びつきプラトン正四面体1結びつきプラトン正四面体2結びつきプラトン正四面体3

数は3つある三角形の正四面体の構成数のひとつとして連結している。

--------------------

1差数列(基本形)

結びつき縦軸変化の検討


1差数列
結びつき縦軸変化の検討1差


2差数列
結びつき縦軸変化の検討2差


3差数列
結びつき縦軸変化の検討3差


4差数列
結びつき縦軸変化の検討4差


5差数列
結びつき縦軸変化の検討5差


6差数列
結びつき縦軸変化の検討6差


7差数列
結びつき縦軸変化の検討7差


8差数列
結びつき縦軸変化の検討8差



数の配置と連結  3.数の連結(結びつき) 1

3.数の連結(結びつき) 1

結びつき1差数列
1差数列の場合


結びつき2差数列
2差数列の場合


結びつき3差数列
3差数列の場合


結びつき4差数列
4差数列の場合


結びつき5差数列
5差数列の場合


結びつき6差数列
6差数列の場合


結びつき7差数列
7差数列の場合


結びつき8差数列
8差数列の場合



0差数列の場合
(同じ数なので省略)



数の連結(結びつき)


81数による結びつきは

1差数列~8差数列を検討すると

1差数列の後ろの正面数列は8差数列
2差数列の後ろの正面数列は7差数列
3差数列の後ろの正面数列は6差数列
4差数列の後ろの正面数列は5差数列
5差数列の後ろの正面数列は4差数列
6差数列の後ろの正面数列は3差数列
7差数列の後ろの正面数列は2差数列
8差数列の後ろの正面数列は1差数列
1差数列の後ろの正面数列は8差数列

となっている。


方陣表横軸の数の流れは、図形の円周に沿い、
方陣表縦軸の数の流れは、円内にある三角形の回転リズムに沿う。


円が回転すれば、三角形は逆に回転
これを立方体で考えると、
三角形はプラトンの正四面体となる。
3個の正四面体が円の回転と逆回転していることになる。




数の配置と連結  2.数の置き座

2.数の置き座が決まれば、数は周囲の数に対して数列を発する


数の置座1


数の置座2

ここに揚げた数列は循環するが故に
無限にのばしても変わらなく一定である。


9進法の立体循環数学が真理を示して、
平面ではこの数列で宇宙が覆われることを告げている。

魔法陣ではなく、正方陣における神の易がその姿を現し、
真理を語るとはまさにこのことである。

数がサイコロの粒子であることを理解すれば、
天地四方を示すサイコロが宇宙を覆い尽くしていることも分かるに違いない。

まず9進法の立体循環数学はあなたを裏切ることはないので、
それを信じ検証し、自分の心柱にしてもらいたい。

数の置座3


検討するのは 81の数について (次のとおり)

数の置座4


数の配置と連結  1.数の配置

1.数の配置

数の配置には、順序と秩序が厳然として決まっている。

これを無視して勝手に配置すれば、
その数そのものが全体の数列から排除されることになる。

個が全体の秩序を乱すことが許されないのである。

方陣表に配置する場合には、平面配置と立体配置の2つがあり、
配置の順序さえ守れば、左右上下どこから出発しても同じである。

但し、方陣を組むには縦枠、横枠の枠数を同じにすること。


数の配置1


数の配置2


プロフィール

ホクラの梅

Author:ホクラの梅


「神の数学」佐藤敏夫先生の後継者である、梅村一彦先生主宰のWEB進化版「神の数学 梅のはな開花塾」へようこそ♪

童謡「カゴメ歌」に秘められているカゴの中のトリが今現在出ています。

インターネット上に公開されている「神の数学」を御覧下さい。

当塾はトリの正体である循環数学を解説しています。

神のメッセ-ジ・コ-ドを紐解き『数の世界(意識世界)』の扉を一緒に啓いていきましょう。

御訪問ありがとうございます

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR