スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神の数学と両界曼荼羅 (続)

神の法陣の中心核を立体化した立体方陣を検証する。

神の法陣には

(1) 0を中心とした放射状循環数列配置の法陣
(金剛界曼荼羅に相当)

両界曼荼羅10


(2) 完全循環数列配置の法陣
(胎蔵界曼荼羅に相当)

両界曼荼羅11


の2種類が判明したので、
天津金木の方法にて立体化すると、

両界曼荼羅12


となる。

中心核が六合(縦横、前後、左右)に極限まで拡大、
成長する立体法陣については

・天津金木の組み立て
・ヤタノカカミの全貌8種類

両界曼荼羅13

を参照ください。



胎蔵界曼荼羅の中台八葉院に描かれている諸仏


肉眼では見ることはできないが
中心核として存在している

両界曼荼羅14





スポンサーサイト

神の数学と両界曼荼羅

神の数学と両界曼荼羅



両界曼荼羅1

金剛界曼荼羅五仏

悟りの段階


不空成就如来の知恵 (成生作智)

阿弥陀如来の知恵 (妙観察智)

宝生如来の知恵 (平等性智)

阿シュク如来の知恵 (大円鏡知)

大日如来の知恵 (法界体性智)


胎蔵界曼荼羅五仏

悟りの世界

八方向に役割分担かつ連結1~8は9の分身ですべて上下の区別無く平等
死後に成仏するという思想ではなく、即身成仏の世界が示されている。





両界曼荼羅2

両界曼荼羅3



両界曼荼羅4

両界曼荼羅5



両界曼荼羅6


両界曼荼羅7



両界曼荼羅8

両界曼荼羅9










神の数学と金剛界曼荼羅

金剛界曼荼羅

放射状循環数列(円陣の場合)



金剛界曼荼羅1


金剛界曼荼羅

放射状循環数列(方陣の場合)



金剛界曼荼羅2

金剛界曼荼羅3


金剛界曼荼羅

放射状循環数列(方陣と円陣)



金剛界曼荼羅4

金剛界曼荼羅5



金剛界曼荼羅6

金剛界曼荼羅7



①~⑧の数については
真言密教「十住心論」
悟りに達する段階が次のように説かれている。


① 人間の本能のまま、欲望のまま生きている段階

② 道徳や論理に目覚めた段階、儒教の教えを身につける段階

③ 仏教以外の宗教を信じる段階

④ 仏教に目覚めた段階 (小乗仏教)

⑤ 悟りの世界の存在に気づく段階 (小乗仏教の上の段階)

⑥ 菩薩が説く「慈悲」の心が生まれる段階

⑦ この世のあらゆるものは「空」だと悟る心の段階

⑧ この世のあらゆるものは「仏性」が有ると知る段階

これから先の⑨⑩については、真言密教で説かれる境地

⑨ 宇宙の悟りを感じ取る心の段階

⑩ 人間が如来と一体になる最終段階、真言密教のみで得られる境地


唯識思想では心の動きを分類して8識としている。


① 第一識 眼識 (視覚)

② 第二識 耳識 (聴覚)

③ 第三識 鼻識 (臭覚)

④ 第四識 舌識 (味覚)

⑤ 第五識 身識 (触覚)

⑥ 第六識 意識 (知、情、意)

⑦ 第七識 未那識 (自己中心性)

⑧ 第八識 阿頼耶識 (貯蔵する心)

⑨ 第九識 阿摩羅識 (大日如来として全てを統合)

* 第九識は密教でのみ説かれる



仏陀の教えによれば、解脱に至る禅定の段階が
9つあるということが阿含経に説明されている。


① 初禅 
一点に集中して、欲や悪などあらゆる関わりから離れて生じた境地


② 第2禅
心は統一されて思考作用がなくなり、三昧から生じる喜び、幸福に満ちた境地


③ 第3禅
心が統一され、禅定の喜びさえもなくなり、ただ平安の幸福感だけを感じる境地


④ 第4禅
幸福感さえ無くなり、苦も無くなった境地


⑤ 空無辺処
空間が無限であると感じられる瞑想の境地


⑥ 識無有処
意識が無限であると感じられる瞑想の境地


⑦ 無所有処
なにものも存在しないと感じられる瞑想の境地


⑧ 非想非非想処
想いが有るのでもなく、無いのでもないという瞑想の境地


⑨ 滅尽定
心のあらゆる動きが止滅した状態とされる




ここには、悟りの過程が示されているので、
九進法の循環数学に当てはめて考えることもできる。




神の法陣の中心核 ・数の仕組み・用語の概念

「ひふみ九九算表」の立体方陣は四種類の中心核が存在し、

この中心核が六合(上下、左右、前後)に拡大、成長を続け、極限に至り、やがて崩壊する。


神の法陣の中心核は

神の法陣の解読(驚愕の循環数学)

を見て頂ければ、分かると思いますが「神の法陣」の場合の中心核は


完全循環数列配置21


です。

この陰陽の塊が六合に重なり、極限まで成長し、やがて時が来れば崩壊する。



完全循環数列配置22


完全循環数列配置23


完全循環数列配置24




用語の概念


対極とは


○ 反対側の極
○ 対立する極
○ 北極と南極は正反対のものである。
○ 両者は対極の関係にある。


対極数とは


これまでの常識にはない概念で、
神の数学を理解するのに必要な新しい概念です。

○ 「天地の数歌」の天と地とを反対側の極として表現し、加算すると9になります。
○ 見える数と見えない数が重合している数同志を互いに対極数と表現します。
○ 陰陽思想の原点です。
○ この世の数とあの世の数のこと。
○ 童謡「カゴメ歌」の後ろの正面数のこと。


調和とは


○ 全体がほどよく釣り合って、矛盾や衝突などがなく、まとまっていること。
   また、その釣り合い。
○ ものごとの間に釣り合いがとれており、まとまっていること。
○ ものごとと、ものごととが互いに和合していること。


調和数とは


これまでの常識にはない概念で、
神の数学を理解するのに必要な新しい概念です。

○ 「神の法陣」において、中央の数を取り囲む周囲の8数を
  縦、横、両斜めを加算すると、それぞれが同じ数を示すので、
  この数を中央の数に対する調和数として取扱います。

ヤタノカカミ図象は九進法の循環数学を示す

完全循環数列配置12


完全循環数列配置13


完全循環数列配置14


完全循環数列配置15


この図はひふみ九九算表を立体化した立体方陣であるが、中心核は

完全循環数列配置16


となる。 この中心核が六合に拡大、成長し完成したサイコロ粒子の塊である。

九進法の循環数学を用いて解明できる、塊の内部構造である。

九進法の循環数学においては、表面の他に、目には見えない部分の

「後ろの正面」も対極数として判明するからである。


「ひふみ九九算表」立体方陣はこの中心核のほかに

三種類の異なる中心核が存在することを示している。

即ち四種類の中心核が存在するということになります。



完全循環数列配置17


(1)についての完成方陣については立体方陣を図示しました。




完全循環数列配置18


完全循環数列配置19


完全循環数列配置20




完全循環数列配置の法陣とは

神の法陣の中で、0の周辺に1~8数すべてがそろっている法陣のことであり、

逆に1~8数の周囲に0のある法陣のことでもある。

1~8数の周囲に0のない法陣があることに注目する必要がある。


完全循環数列配置1


完全循環数列配置2


完全循環数列配置3


完全循環数列配置4


完全循環数列配置5


完全循環数列配置6


完全循環数列配置7


完全循環数列配置8


完全循環数列配置9


完全循環数列配置10


完全循環数列配置11


となり、ヤタノカカミの全貌8種類の一つが現れる。


ヤタノカカミ図象は九進法の循環数学を示す


完全循環数列配置12


完全循環数列配置13


完全循環数列配置14


十種神宝と神の数学

神の数学は意識数学であるために、その全貌を知ることは困難です。

それを知ることは、即ち神を知ることであり、宇宙の仕組みを理解することでもあります。

その手掛かりとして、十種神宝が伝承されてきていることが判明。

十種神宝は神の数学の全貌を理解する手掛かりとして、

誰の目にも分かる物象として、人の世に託された物と考えられます。

十種神宝はその後三種の神器に集約されて、統治者(天皇家)に受け継がれ、

今日に至っておりますが、三種の神器の示す内容そのものは、

時代の夜明けを待つかのように秘められたままでした。

神の数学が世に出たことから、9進法の数学を学べば

物象として伝承されている十種神宝の内容が理解可能となりました。


1 足玉(たるたま)と道返玉(みちがえしのたま)

十種神宝1

神の法陣の縦軸において、数は三位一体に連結していることが判明しました。

これは十種神宝の

足玉(たるたま)
道返玉(みちがえしのたま)

を示していると思われます。

十種神宝2
十種神宝3

の2つの玉(霊と魂)は数抜きで示されていたのですが、
次に示すミロクの玉(霊と魂)は神の数学の出世を待って
初めてあかされることになったのです。

十種神宝4


2 蛇比礼(おろちのひれ)

十種神宝5

4組の調和数 9種類
(この図は0の調和数)

0~8の数はそれぞれの数が4組の調和数で囲まれ、守られている。

十種神宝6

十種神宝7

十種神宝8

十種神宝9

十種神宝10

調和数は完全循環数列配置の方陣をつぶさに検討すれば
明白な事実が確認できますので、検討し、納得されることを願います。

調和数という概念は神の法陣すべてに共通します。
調和数は八岐大蛇に相当しますが、
0の調和数は次の述べる八握の剣に相当します。


3 八握の剣(やつかのつるぎ)

十種神宝11


4 おきつ鏡とへつ鏡

おきつ鏡は脚台に足玉を乗せる鏡

へつ鏡は脚台付きの足玉

十種神宝12


5 蜂の比礼(はちのひれ)と品物比礼(くさぐさのもののひれ)

蛇比礼(おろちのひれ)の縮小版    神の数学   4組の調和数



6 生玉(いくたま)と死返玉(まるかえしのたま)

生きる者の魂と死者の霊を示している。

後に霊魂の重合した物理象として勾玉がしめされるが、
勾玉はマの霊(霊魂の重合体)を示している。


神の数学   表裏の数
         対極数が裏の数

十種神宝13

これをサイコロ粒子の物理象として現わしたのが

十種神宝14

で、2相を1象として描き出した霊魂の世界です。

同じサイコロ粒子ですが

白面は生玉(魂)
黒面は死返玉(霊)

を示します。



神の法陣の解読(驚愕の循環数学)

法陣解読1

法陣解読2

1 対極数と調和数

この表をみて気づいて欲しいことがあります。

この表は神の数学において、9進法の完全循環数列が示される
ヤタノカカミの真髄とも言える内容が含まれているのですが、
一見見たところでは、ランダムな数の羅列にしか見えないはずです。

しかし、常識を忘れて次の手順で検討してください。
あなたが気がつかない驚愕の真実を告げていることが分かります。


(1) 0~8の数で構成されていますが、どの数でも同じことが確認出来ることですが、
まずどの数かを決めて、その数を中央に見立てた周りの8つの数を確認してください。
童謡「カゴメ歌」の鬼に相当するのが、8つの数に囲まれた中央の数となります。
鬼と見立てた数が表の中にいくつもありますが、どの位置にある鬼でも
その鬼の周りの8数は必ず同じ配置になっていることを確認して、納得してください。

(2) 鬼と決めた数を2倍して1桁にした数が、その鬼の調和数となります。
調和数は鬼を取り巻く左右、上下、斜めの対峙した数を加算したもので必ず一定の数を示します。

(3) 鬼を0とした場合には、調和数は9となり、調和数と対極数とが一致することになります。

(4) 鬼を取り囲む8つの数を加算して1桁にすれば、鬼の対極数が判明します。
この数が童謡「カゴメ歌」に歌い継がれてきた「後ろの正面」でした。
加算して9になる数が謎の数だったのです。

(5) 縦軸には、数の連結が3種類示されていて、
連結の循環数列により、過去、現在、未来の三世が窺えます。



2 調和数についての解説

神の法陣において、中央の数(鬼)に対して縦、横、斜めに対峙する
4組の数を加算すると4組ともそれぞれ同じ数を示します。

これが調和数であり、鬼を囲んでいる8つの数の和が対極数であったことから、
調和数を4倍すれば、対極数となるとも言えます。

具体的に表から説明します。

法陣解読3

中央は 1 です。つまり鬼は 1 です。

鬼の縦に対峙する数とは、4 と 7 であり、これを加算すると 11
11 を一桁に直すと 2 となります。
鬼の横に対峙する数とは、 0 と 2 であり、これを加算すると 2 となります。
鬼の斜めに対峙する数とは2種類あり、 3 と 8 、 5 と 6 です。
これを加算して一桁にすると、それぞれ 2 となります。

これで、縦、横、斜めに対峙する数を加算すると、いずれも 2 となることが判明しました。

中央の 1 つまり鬼 1 に対峙する調和数は 2 であるということになります。


法陣解読4

この表の法陣は中央が 2 です。 鬼が 2 です。

鬼の2に対峙する数とは

縦     5 と 8  加算して一桁にすると 4
横     1 と 3  加算すると 4
斜め    4 と 0  加算すると 4
      7 と 6  加算して一桁にすると 4

中央の数2に対する調和数は4であることになります。



法陣解読5


中央に 3 を置いた神の法陣です。 鬼は 3 です。

鬼の 3 に対峙する数とは

縦     6 と 0  加算すると 6
横     2 と 4  加算すると 6
斜め    5 と 1  加算すると 6
      7 と 8  加算して一桁にすると 6

中央の3に対する調和数は6であることになります。


法陣解読6

中央に 4 を置いた神の法陣です。 鬼は 4 です。

鬼の 4 に対峙する数とは

縦     7 と 1  加算すると 8
横     3 と 5  加算すると 8
斜め    6 と 2  加算すると 8
      8 と 0  加算すると 8

中央の 4 に対する調和数は 8 であることになります。


以下同様に検討して

法陣解読7

中央の数 5 に対する調和数は 1

中央の数 6 に対する調和数は 3

中央の数 7 に対する調和数は 5

中央の数 8 に対する調和数は 7

であることが分かります。


最後に調和数と対極数が同じになる中央に 0 を配置したヤタノカカミという
完全循環数列法陣について触れておきます。

法陣解読8

中央が 0 です。 つまり鬼は 0 です。

鬼の縦に対峙する数とは、3 と 6 であり、これを加算すると 9
鬼の横に対峙する数とは、8 と 1 であり、これを加算すると 9
鬼の斜めに対峙する数は 2種類あり、 2 と 7 、 4 と 5 です。
これを加算するといずれも 9 となります。

全て 0 になることを示しています。

神の法陣には 9 という数字は使わないので
調和数は対極数を加算した状態の扱いとして、

法陣解読9

となります。

0 を取り囲む 8 つの数を加算すると 9 となり、
9 という数は無いので、 9 の内訳として、

法陣解読9

が該当することになり、

0 に対する、調和数と対極数は同じであるという結論に達します。



3 調和数の算出法(別の方法)

神の法陣の調和数を求めるには、
1差循環数列の両サイドの数を加算すれば簡単に求めることが出来ます。

法陣解読10

1の両サイドの数は 0 と 2 です。 これを加算すれば 0 + 2 = 2
中央の数 1 に対する調和数は 2 です。

2の両サイドの数は 1 と 3 です。 これを加算すれば 1 + 3 = 4
中央の数 2 に対する調和数は 4 です。

3の両サイドの数は 2 と 4 です。 これを加算すれば 2 + 4 = 6
中央の数 3 に対する調和数は 6 です。

4の両サイドの数は 3 と 5 です。 これを加算すれば 3 + 5 = 8
中央の数 4 に対する調和数は 8 です。

5の両サイドの数は 4 と 6 です。 これを加算すれば 4 + 6 = 1
中央の数 5 に対する調和数は 1 です。

6の両サイドの数は 5 と 7 です。 これを加算すれば 5 + 7 = 3
中央の数 6 に対する調和数は 3 です。

7の両サイドの数は 6 と 8 です。 これを加算すれば 6 + 8 = 5
中央の数 7 に対する調和数は 5 です。

8の両サイドの数は 7 と 0 です。 これを加算すれば 7 + 0 = 7
中央の数 8 に対する調和数は 7 です。

0の両サイドの数は 8 と 1 です。 これを加算すれば 8 + 1 = 0
中央の数 0 に対する調和数は 9 = 0 です。

中央の数の両サイドの数の和の意味は左右、上下、斜めの四方八方を含みます。


4 ヤタノカカミ完全循環数列配置の方陣

中心となる基点の数を設定し、右方向に1差循環数列(逆方向は8差循環数列)
上方向に向かって3差循環数列(逆方向の下方向には6差循環数列)の方陣を組めば
四方八方に完全循環数列が成立し、0~8数の全数に対する調和数も
中心となる数を変える見方によって、全て成立している。

どの数も米字方向に8つの完全循環数列が発生しているために、8重合相を示している。

法陣解読11

縦軸と横軸のクロス数列が決まれば、斜めの数列は自動的にきまる。


5 8重合相について


ヤタノカカミは数も数の構成する面においても、8重合相を示しています。

法陣解読12

この方陣は完全循環数列配置であるために、
数列の構成している8つの相を次のように考えてみてください。

循環数列毎の面が8つ重なっている見方をしてみてください。

法陣解読13

この方陣は完全循環数列配置であるために無限に方陣を拡大しても
8重合相を示すことに変わりなく、自然は8重合相
つまり八卦象であることを数が示していることを理解すべきです。

ヤタノカカミ図象が示す完全循環数列配置の「神の法陣」を再度掲載しますので、
今まで気がつかなかった 0 を取り囲む周囲の 8数が
何を示しているのかが分かると思います。

法陣解読14


数は時空を超え過去現在未来を示す

過去現在未来1


数は縦軸において、数の連結が示されており、

三位一体である事が判明したので検証されることをお願いします。

過去現在未来2


3種類の縦軸は3差循環数列(③←→⑥)で連結しており、

回転方向も一定しています。


過去現在未来3


現在1の数が現れたとします。

しかし、目に見えるのは1だけですが、この1には背後に対極数の8が重合し、

さらに 1 - 7 - 4 とが三位一体に連結しています。

数の循環が決まっていることから、1の未来は連結している7と変わることになり、

1の前の数は4だったことが分かります。

連結してはいるが、未来や過去の数は隠れているので、

数の変化態をしらないと理解不能となります。


過去現在未来4


現在2の数が現れたとします。

目に見えるのは2だけですが、この2は背後に対極数の7が重合し

さらに 2 - 8 - 5 と三位一体に連結しています。

2の未来変化は8であり、過去は5だったことになります。


過去現在未来5


3については、3が現在現れたとして検討すれば、

目に見えるのは3だけとなります。

しかし3の背後には、対極数6があり、

さらに 3 - 0 - 6 と三位一体に連結しています。

3の未来変化は0

過去は6だったことになります。


数が三位一体になっていることを考慮してサイコロ粒子を作成すれば、

1 - 7 - 4



2 - 8 - 5

がお互いに対極数の関係になっていることから、

2個のサイコロ粒子で1~8数を表現することができます。


過去現在未来6


過去現在未来7


黒色の数が現実の現象世界(この世)に現れている場合

連結している三位一体の数の赤色の数は過去の数を現わし、

青色の数は未来の数を現わすことになります。

赤、青色の数はこの世からは見えない潜象世界(あの世)に所属する数ということになります。

2相を1象として捕えるフトマニより、さらに高度な3相を1象として捕える意識の世界で、

時空を超える過去、現在、未来が循環していると考える思想の根拠だと思います。


過去現在未来8


過去現在未来9


過去現在未来10


同様に


過去現在未来11


を示しているので、過去現在未来は連結して循環していることを数が証明してくれます。

さらに論を進めて、ヤタノカカミ(9進法の立体循環数学)についての検討をしてみますと、

縦軸に過去、現在、未来の三世の変化が明確に示されているのですが、

今まで全く気づきませんでした。

これまた驚愕の事実としか言いようがありません。

9進法の完全循環数列配置を示すヤタノカカミをまず見てください。


過去現在未来12


上層1段目が現世の数を示しているとき

上層2段目の数は来世の数を示しているが現世には現れず分からない。

上層3段目の数は過去世の数を示しているが過去世の数として隠れているので、この数も分からない。

しかし、数は三位一体で循環していることから、現世の数しか分からないことになる。

この図が示しているのは、上、中、下の3つの層が同じ状態を示しているので

三層構造であることが示されている。

数の連結状態を検討した際にも三層構造になるので、不思議に思っていたが、

連結する循環数列が異なるので、三層構造は同じ数であっても、

中身が違うのだろうと勝手に解釈していた。

なぜ三層構造なのかは不明である。


完全循環数列配置の方陣は必ずこの三層構造になる。

何故かと言えば、縦軸の循環数列は③←→⑥となるからで、

その種類も3種類あるからてある。

3種類と言うのは、

過去現在未来13


のことです。


過去現在未来14


過去、現在、未来は連結し循環することを数が示している。



カテゴリ

プロフィール

ホクラの梅

Author:ホクラの梅


「神の数学」佐藤敏夫先生の後継者である、梅村一彦先生主宰のWEB進化版「神の数学 梅のはな開花塾」へようこそ♪

童謡「カゴメ歌」に秘められているカゴの中のトリが今現在出ています。

インターネット上に公開されている「神の数学」を御覧下さい。

当塾はトリの正体である循環数学を解説しています。

神のメッセ-ジ・コ-ドを紐解き『数の世界(意識世界)』の扉を一緒に啓いていきましょう。

御訪問ありがとうございます

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。