ヤタノカカミは数列の8重合相を示す 5

数の妙理の発現

まず9枠増の数列配置図を見てください。

0~8までの数をそれぞれ別々に捕えて検証し、回りの8数を確認します。

図で説明します。

8重合相22


中央に0~8を配置した数を個別に検討して、米字方向の8数列を調べると

すべて同じ数列であることを確認してください。

すると0~8の数はすべて米字方向の8数列上にあることになります。

図のように0が8数列の交差点で8重合相を示しているごとく、

1~8の数も同様に8重合相を示しているのです。

ヤタノカカミ数列配置、モトアケ図数列配置は、

ひとつの数が数として8重合相を示し、

1面が面として8重合相を示している

聞き慣れた言葉で8卦象という表現に馴染んでいますが、

8重合相という表現の方が的を射ています。

数は8重合相を示していたのでした。

数は単独で、8種類の数列重合相を示していることが判明しました。

8種類の数列とは、「ひふみ99算表」に示されている1差数列~8差数列のことですが、

隠されている数列もありますから、ここで整理します。

ひふみ99算表2



1. 1差数列 0 1 2 3 4 5 6 7 8 0 1   (右方向に1つずつ増えていく数列)

2. 2差数列 0 2 4 6 8 1 3 5 7 0 2   (右方向に2つずつ増えていく数列)

3. 3差数列 0 3 6 0 3 6 0 3 6 0 3   (右方向に3つずつ増えていく数列)

         7 1 4 7 1 4 7 1 4 7 1   (隠れた3差数列(その1))

         8 2 5 8 2 5 8 2 5 8 2   (隠れた3差数列(その2))

4. 4差数列 0 4 8 3 7 2 6 1 5 0 4   (右方向に4つずつ増えていく数列)

5. 5差数列 0 5 1 6 2 7 3 8 4 0 5   (右方向に5つずつ増えていく数列)

6. 6差数列 0 6 3 0 6 3 0 6 3 0 6   (右方向に6つずつ増えていく数列)

         4 1 7 4 1 7 4 1 7 4 1   (隠れた6差数列(その1))
 
         5 2 8 5 2 8 5 2 8 5 2   (隠れた6差数列(その2))

7. 7差数列 0 7 5 3 1 8 6 4 2 0 7   (右方向に7つずつ増えていく数列)

8. 8差数列 0 8 7 6 5 4 3 2 1 0 8   (右方向に8つずつ増えていく数列)



ヤタノカカミ数列配置図の拡大配置図を掲げます。

8重合相23
(2016/3/18 天津金木の本領発揮) 参照



8重合相24


基本図、拡大図を見ながら検証し、確認してください。

中央の0は8つの数列が交差している交差点になっています。

中央の0以外の 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. のどの数を調べても、0の場合と同じです。

どの数を基準にしても、基準の数を取り囲む周囲の8つの数は皆異なる数になっています。

同じ数が重なることはありません。


この配置図は0~8の全ての数はどの数も同じように8差数列の交差点にありながら、

全体を構成しているということが分かると思います。

この事実の発現が数が示す究極の真理

数は対極数を抱きながら、

8種類の数列重合相を示す

ということになります。


数の示す究極の真理を検証するには

正面の検証には ヤタノカカミ数列配置図

後ろの正面(対極数)の検証には モトアケ図の数列配置図

の両図で示されている数の語りを解読すれば、

ヤタノカカミ図象の示す物理象

を知ることであり、数も生きているという数理哲学を理解したことになります。


なぜ今 数学なのか?

数にはこれまでに知らされることのなかった

驚愕の真理

が現れているので、知るのと、これまで通りとは大違い

カゴの中から出てください。



------------------------
(資料)

8重合相25

8重合相26

8重合相27




ヤタノカカミは数列の8重合相を示す 4

数が8差数列(①~⑧差数列)の重合体としての相を示しているが、

その姿に誰も気づかずに今日に至っていると言えそうです。

10進法では数の示す8卦象(8重合相)が現れることはありません。

数学として 0. 9. 10 の扱いに過ちがあったことに気づき、

日本古来の数理哲学に戻すべきであると思います。

ヤタノカカミ数列配置図 と モトアケ数列配置図の両基本図を再度掲げます。


8重合相21


ここで「カゴメ歌」の謎解きです。 

ツルとカメが加わります。

数をよく見てください。 

両図を見比べてから、同じ位置にある数は互いに対極数であることを確認すれば、

モトアケ数列配置図はヤタノカカミ数列配置図の後ろの正面が現れていることを知ることになります。

さらに、南極、北極の位置変化を確認すれば、逆転していることが分かります。

180度転回しているのです。  逆転現象を

ツルとカメがすべった

という表現に託したと謎解きをします。

モトアケ図数列配置が現れたということは、数理哲学が現れたということでもあり、

誰にでも分かるマコト(0.9.10)の数学が、この世に存在することを「神の数学」が知らせているのです。

9進法の循環数学を学べば、誰にでも「神の易」の法則どおりに


無限

対極(陰陽両儀)

4象

8卦

24節気








が数の配置で表わせることが判明しました。

検証して確認してください。

ただし数の配置を間違えば、8数列のうちのどれかの数列が成立しないことになります。

8数列がどの数にも成立することが絶対条件となります。

8数列が成立するという意味は、と゜の数も8数列の交差点にあるということで、

8重合の相(姿のこと)としての働きがあるということです。

ここに私達の未だ知らない数の妙理に気づかされます。

(* 8数列とは1差数列~8差数列までの8つの数列のことで、8差数列と8数列は異なります。)


ヤタノカカミは数列の8重合相を示す 3

モトアケ図の数列配置の検証

8重合相13

8重合相14

8重合相15

8重合相16


8重合相17

8重合相18

8重合相19

8重合相20

(2016/03/18 天津金木の本領発揮) 参照


この数列配置を見れば、枠数を増やし続けても、同じ数列配置が拡大するだけで、

数はすべて相似象となって繋がっていることが分かります。

無限に枠を増やしても数列配置は相似象で重合しているだけで、簡明です。

どの数も1差数列~8差数列の交差点に当たる重合体としての相を示しています。





ヤタノカカミは数列の8重合相を示す 2

モトアケ図数列配置は、
ヤタノカカミ数列配置図と同様に8重合相を示し、

その8重合相はさらに

8節 24節気

をも示しています。

数列配置図を拡大すればするほど、
季節表現を細分化することができます。



8重合相11


8重合相12


フトマニの占い方法 (完結編)

フトマニの占い方法 (完結編)

吉凶判断6段階

フトマニ128首本文は,日本の古語である㋾シテ文字を漢字に漢訳しているために、
「やまとことば」で表現した和歌の内容が抹殺されて、意味不明の内容となっていますが、
幸いなことに、吉凶の判断だけは、漢訳でそのまま残されており、その意味が通じます。

神の易(フトマニ)占いは

●フトマニ64卦(128首)構成表
●ひらがな変換フトマニ128首の和歌
●漢訳の吉凶判断


のかみ合わせで、今でもその機能を充分に果たせることが判明しました。

128首の和歌の内容については、ヲシテ文献を解読する必要があります。

漢訳の吉凶判断については、


【吉】  よいこと。 めでたいこと。

大吉    21首
中吉    26首
小吉    21首


【凶】  縁起・運のわるいこと。 わざわい。 不吉。

大凶    38首
中凶     8首
小凶    14首


と吉が3段階、凶が3段階の6段階に区別分類されています。
漢訳の128首については、ネット上のWikisourceフトマニを御覧ください。


これで、和歌の内容が不明であっても、
誰にでも吉か凶かのフトマニ占いをすることが出来ますが、
吉凶を意味する内容の和歌はヲシテ文字で書かれていますので、
解読が必要なことは言うまでもありません。



フトマニ64卦(128首)構成表を補正しました。
右から左に向きを変えたもので同じ表です。

フトマニ64卦構成表

フトマニ64卦(128首)構成表を補正したので、

サイコロ振りは3回

となります。

1回目・・・    アイフへモ㋾スシの天並神が決まる。

2回目・・・    方位が決まる。

3回目・・・    1回目、2回目で縦軸、横軸の交点が決まるので、
          3回目で交点のどちらか一方の左右が決まる。
          偶数を左、奇数を右(逆でも可)と決めておきます。
          3回目は丁半を決めることになります。


吉凶の漢訳判断を加えたフトマニ128首

吉凶フトマニ128首1

吉凶フトマニ128首2

吉凶フトマニ128首3

吉凶フトマニ128首4

吉凶フトマニ128首5

吉凶フトマニ128首6

吉凶フトマニ128首7

吉凶フトマニ128首8


神に問えば神は日本の古語で答える


カミとは?
相似象学会誌には
ヤタノカカミカタカムナカミ


フトマニとは何を意味するのか?
相似象学会誌には
フトタマノミミコト


フトマニ二とは「双相1象式図象」という意味である。
即ち、「1象(ヒトツのカタチ)によって、双相(フタツのスガタ)を表明した図象」という意である。


----------------  以上 「相似象」学会誌の解説による  ----------------




易の原点は日本にあり、中国で花開き日本に逆輸入されたものであることが、
日本の古語(ヲシテ文献)の発見により、明白となりました。

カミから示された「モトアケ図」に衆知を結集して、128首の和歌を割り振り、
占いで引き当てた和歌の内容の吉凶をもって、行動の指針としていた。

今から、3,000年以上前(神代)のことで、当時が忍ばれます。

これが「フトマニ」占いという易の原点であります。

ヤタノカカミは8卦象


ひらがな変換フトマニ128首


この図の色分けした部分をよく見ると、
同じ色のグループは0を中心にして
それぞれ対極を示していることが分かる。

対極の数を足して1桁にすれば、9になる。


例示として、赤色で計算すると、

左側のグループ  5+6+7+0+1+4=5
右側のグループ  4+0+5+3+8+2=4

対極グループを足せば9となる


他の色についても検証すれば皆9になる。 (要検証)

この色分けの図は易の基本要素である

無極     対極(陰陽両儀)    4象    8卦

全てを含み、円を8区分(分割)しているこのままの状態が8卦象を示している。


8卦象
円を8分割した状態を示し、図で見れば、
ひらがな変換フトマニ128首1

4象
円を4分割した状態を示し、図で見れば、
ひらがな変換フトマニ128首2


対極(陰陽両儀)
円を2分割した状態を示し、図で見れば、
ひらがな変換フトマニ128首3


無極
円全体を示し、図で見れば、
ひらがな変換フトマニ128首4


となる。

対極のグループを加算(別の表現として統合)すれば9となる。

対極という言葉を、やまとことばに直せば、表裏(前後)となる。

これで、カゴメ歌の謎の言葉、

後ろの正面

も分かるに違いない。

9進法の循環数学を認め、理解することによって、
「籠の中のトリはトリ籠から外に出ることができるコトが分かる」
しかし、出ることは自力では不可能である。

ではどうするか? 答えは簡単である。
親鸞聖人の教えの通り、すでに外に出ている人から、
籠の扉(鍵)を開けてもらえば出られる。

このことは他人ごとではなく
貴方自身に投げかけられた問題提起なのです。

答えはある。

しかし、探さなければ永遠にない。

ひらがな変換フトマニ128首5

フトマニアヤマ







神の易 (フトマニ) 占いの方法

神の易 (フトマニ) 占いの方法


hutomanizu.jpg

* フトマニ64卦(128首)構成表
* サイコロ2個

* フトマニ占いの8卦象  その1 その2
* 本文(和歌128首)


占いは、人事を尽くして天命を待つ状況下が望まれます。



Ⅰ フトマニ64卦(128首)構成表を見てください。
フトマニ64卦
占いの結果はこの表の縦軸、横軸の交差する点に現れます。
縦軸はアイフヘモヲスシの天並神。
横軸は方位です。




Ⅱ サイコロ2個を使って天並神と方位を決めます。


サイコロ1

まず天並神を決めるために2個のサイコロを振ります。
サイコロの目を足して数を求めます。
足して9の場合はやり直しです。
足して2桁の場合には1桁化にして数を決めます。
これで天並神が決まります。
次に同様の方法で方位を決めます。
縦軸と横軸とは回転が異なるので、別々にサイコロを振る必要があります。
日本には「1か8か」を争う、丁半バクチを行っていた事実が伝承の名残でしょう。



Ⅲ フトマニ占いの8卦象(その1、その2)は配列を変えただけの同じものです。
(神の易 最終弾  (フトマニ占いの64卦・8卦象) のページを参照)


フトマニ占いの8卦象その1フトマニ占いの8卦象その2



Ⅳ 占いの結果は2首の和歌が対応しています。
(ひらがな変換・フトマニ128首本文 のページを参照 )


128首本文1128首本文2128首本文3128首本文4128首本文5128首本文6128首本文7

この2首の和歌には反対の象を現す対極の和歌も同時に現れますので、
合わせて読み解くのが、より正確な判断材料になると思います。



Ⅴ 神社での「おみくじ」は100首程度の和歌で対応されているようですが、
  その中の1首を選んでもらう方式になっています。



神の易(フトマニ占い)は、縦軸の神様と横軸の方位とを別々に占ったうえで
回転の異なる、別々の神様同士の結びつきを求めています。

表現を変えれば、占い時の瞬間的偶然を厳密に求めていることになります。

占いの方法1
占いの方法2

6首の例題


1. そへ歌
2. かぞへ歌
3. なずらへ歌
4. たとへ歌
5. ただこと歌
6. いはひ歌

占いの方法3

占いの方法4

占いの方法5

占いの方法6


「古今和歌集仮名序」を調べてみると、巻頭に書かれている仮名序は紀貫之によって書かれており、
優れた歌論、歌学のさきがけとして非常に文学的、歴史的価値の高いものとされています。

冒頭部分を抜粋しますと

やまとうたは、ひとのこころをたねとして、
万の富の業とぞなれりける。

世の中にある人、ことわざ繋きものなれば、
心に思う事を、見るもの、聞くものにつけて、言い出せるなり。

花に鳴く鶯、水に住む蛙の声を聞けば、
生きとし生けるもの、いずれか歌をよまざりける。

力をも入れずして天地を動かし、
目に見えぬ鬼神をも、あはれと思わせ、

男女のなかをも、やわらげ、
猛き武士の心をも、なぐさむるは、歌なり。



となっています。

最初の歌が、天地が分かれて世界ができた時から、
すでにあらわれていたわけで、
イザナミイザナギの2神による「アワの歌」ということになりそうです。

アワうたフトマニ桜web


地上での最初の歌は、スサノオノミコトが31文字を使った

八雲立つ 出雲八重垣

妻籠めに 八重垣つくる

その八重垣を


八雲立つ

ということになりますが、
歴史認識を踏まえ自分で確認していただきたい。

モトアケ図フトマニ占い「ヲシテ文字」で書かれています。

数の研究で判明したことは、

「10進法のみが正しい」という常識に捕らわれていると、
「9進法の循環数学」を否定することになります。

2つの進法を併用して、考察したところに、
モトアケ図やフトマニ占いが現れてきました。

さらに文字の造られた由来や文字の変還も判明してきたのです。

文字についても同様に「漢字文献が正歴史文献」という常識に捕らわれていると
「やまとことば」を否定することになります。

カタカナ 文字
ヲシテ 文字
漢字 文字
ひらがな 文字


のすべての文字を併用して、考察する必要があります。

ヲシテ文字の古語を漢字導入時に、すべて漢字に置き換え(一部に誤りあり)、
古語を抹殺したいきさつが、残された文献の比較により、推察される。

等のことであります。

「フトマニ占い」が誰にでも自由に出来るようになったために、
必然的に「ヲシテ文字」と対峙せざるを得なくなりました。


それでは、日本語文字の変還をみてみますと、
占いの方法7

ヲシテ文字にたどり着けば、隠されていた事実が明らかとなります。

ヲシテ文字の解読が望まれます。


神の易(フトマニ)占いを実行すると思われる貴方のために、
一言申し添えておきたいことがあります。

易の専門用語として「8卦象」という言葉を使いますが、
この言葉の意味を理解して
自分の身に付いたものにして欲しいと思います。

必ずや貴方の人生の「道しるべ」となるからです。

「8卦象」の意味は、
貴方自身に変化が無くとも、
貴方の周囲の事情や状況が
8回変化して循環しているという事です。



例えば、1日の単位で当てはめれば、1日は24時間です。

すると「3時間毎に周囲の事情や状況は変化する」ということを表していると言えます。
図での説明の方が分かり易いかもしれません。

図では
占いの方法8

となり、円を8分割した8つの分割部分が8卦象を表しています。

8分割の1つが、3時間に相当しているわけで、
1分割毎に周囲の事情や状況が変化し循環することを、表しています。

この図形は「ヤタノカカミ図象」ではありませんか。

8卦象はヤタノカカミ

と覚えておくと身につきます。

天が下web





ひらがな変換・フトマニ128首本文

128首本文1
128首本文2
128首本文3
128首本文4
128首本文5
128首本文7



神に問えば、神は日本の古語で答える


神社には「おみくじ」があります。

正月には「おみくじ」で吉、凶を占って、一喜一憂している。

縄文時代から現在まで続いている、その源流が「フトマニ占い」と判明しました。

祖先が、

人知が及ばない問題の解決を、天上の神々にお聞きして、
その答えを求め、行動の指針とした


のが占いの始まりのようです。

ここに日本人祖先の「神」概念を知ることができます。

歴史上、仏教の概念、西洋の神概念が混入されていますが、

「フトマニ占い」を理解することにより、日本人の心もなんとなく伝わってきます。

太古のことは、分かりませんが、現在では、誰でも「フトマニ占い」をすることができます。

外国人においても同じです。

ただ占いの答えが日本の古語である「㋾シテ文字」で出されますので、

内容を理解するには困難かもしれません。

日本人の私たちにとっても、神の答えは1文字ごとの「言霊」構成の和歌となりますから、

安易にはその意図は汲み取れません。

「アワの歌」そのものが現代語とおなじですから、答えを口ずさむだけで、なんとなく全体の半分くらいは分ります。

占いの結果を得ましたら、答えの和歌について、その部分だけ「㋾シテ文字」を解読する方法が賢明だと思います。

とりあえず、本文は「㋾シテ文字」をひらがな変換していますが、原文を必ず検証してください。

和歌1文字の区切りを間違えれば解釈が異なるからです。


------------------------------
参考:
フトマニ128首の内容については、
「ホツマツタヱ解読ガイドgejirin.com」さんのHP内にある
フトマニ解読ガイドも、おススメです。
ホツマツタヱとリンクした解読内容と、占い結果を
照らし合わせて見ていくことで、理解が深まっていくと思います。
------------------------------

神の易 最終弾  (フトマニ占いの64卦・8卦象)

これまで「神という概念」が曖昧でしたが、「神の易」の研究を通して、

私達の祖先が「カミ」として崇めていた概念というものが、かなりはっきりとしてきました。

神なし意識優先の社会は終焉を迎えつつあると言えそうです。

神に問えば(フトマニ占い) 神は日本の古語をもって答えてくれます。

フトマニの占いは人知による構成ではなく、縄文の時代に「カミ」が衆知を結集して、

纏められた128首の和歌(ヲシテ文字の言霊)で構成されています。

hutomanizu.jpg

モトアケ図によって示される神の結びつきを、どのように解釈すべきか?

その手助けをしてくれるのが、128首の和歌ということになります。

解釈するのは、貴方です。

貴方がサイコロを振れば、今すぐにでも検証可能です。

フトマニ64卦

サイコロ1

フトマニ占いの8卦象その1

フトマニ占いの8卦象その2


数で表す「モトアケ」立体図

hutomanizu.jpg

数で表す「モトアケ」立体図



モトアケ立体図1


8卦象の循環は次図の通りとなる。




8卦象


モトアケ立体図2


8卦象



モトアケ立体図3


瑠璃フトマニ1

-----------------------------------


佐藤先生へ

「神の易」の研究が完成の域に近づきました。
「神の易」は世界最古の占いといわれる「フトマニ」のことでした。
「モトアケの図」はホツマツタヱにより確認されていますが、
フトマニの占い方法が誰にも分からず今日に至っているようです。
ヲシテ文字を9進法の循環数学(ヤタノカカミ数列配置)に当てはめて検討したところ、
アワの歌48文字が理路整然と配置されており、

天元神 (アモトカミ)    トホカミ ヒタメ の八神 
天並神 (アナミカミ)    アイフヘモ スシ の八神
三十二神 (ミソフカミ)

が現れてきました。
神の数学が世に出なければ、これらの神々も世に出ることができず、
神の数学はまさに時節の到来を告げる礎であると思います。

隠れた神(数霊)0~9     10神
言葉の神(言霊)        48神
              計   58神

全ての神様が出揃いました。

モトアケ図の8変化図が易学でいうところの
8卦象の原型であり、原本だったと思われます。
最後の詰めと検証をお願いしたく、資料をお送りします。
日本の歴史認識に関わることでもあり、慎重に扱いたいと考えています。


平成28年5月10日
「神の数学」受講生 梅村一彦

プロフィール

ホクラの梅

Author:ホクラの梅


「神の数学」佐藤敏夫先生の後継者である、梅村一彦先生主宰のWEB進化版「神の数学 梅のはな開花塾」へようこそ♪

童謡「カゴメ歌」に秘められているカゴの中のトリが今現在出ています。

インターネット上に公開されている「神の数学」を御覧下さい。

当塾はトリの正体である循環数学を解説しています。

神のメッセ-ジ・コ-ドを紐解き『数の世界(意識世界)』の扉を一緒に啓いていきましょう。

御訪問ありがとうございます

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR