FC2ブログ

天地(上下面)の数配置 3

3 立立体方陣の完成

正六面体における上面の数列配置を検討した結果、

上面は2つの対角線を境界とした鏡面対称数列配置であることが判明した。

正六面体は天地(上下面)を軸にして回転することから、

上下面には変化はなく変化の顕れるのは側面

(正面、右側面、後ろの正面、左側面の四面)である。

側面は天地の気を受け、四象八卦と変わる変化象と一体で或ることを示し、

季節が春夏秋冬と巡り来る様に、

私達もその変化象に包まれて存在していることが分かります。



立立体方陣の構築は

⑴  八卦数霊盤の公式により、完全循環数列配置の基盤となる平面方陣を作成する。

⑵  平面方陣の反転を繰り返して、対極数面を作成

正面
右側面
後ろの正面
左側面
の四面ができる

⑶  四面に対応する上面、下面を作成する。


以上の手順で、幻の法である天津金木の法が再現できることになります。


上下10


上下11


上下12



天地(上下面)の数配置 1

天地とは、正六面体における上面と下面のことです。

宇宙創生期に陰陽の気が分かれて、陰気は地となり、陽気は天となる。

その天地を正六面体の上面と下面で表現する壮大な「天地人」の思想です。

人は天地の間にあるため、天地両方の陰陽の気を受けながら、

四象、八卦の象と共に存在していることになります。

人に対する自然の変化は、天地を軸として回転することから、正六面体の側面に顕れます。

天地の数列配置の解明については、天(上面)の配置が解れば、

地(下面)は上面を反転させて、対極数面を見れば良いことになります。


天地配置1


1 それでは、この正六面体の上面を基本にして、

枠数を一枠ずつ増やして上面の数配置の変化を検討します。

天地配置2


● 縦横4枠を縦横5枠にするには

縦横4枠に配置された数の対角線上の数を押し分けるようにして、

縦横5枠の対角線空欄を作成します。

⑴ → ⑵

次に対角線空欄の両端から5を旗頭の5差数列を配置していきます。

⑵ → ⑶


● 同様の方法にて、縦横5枠を縦横6枠にするには


天地配置3


● 縦横6枠を縦横7枠に増枠


天地配置4


● 縦横7枠を縦横8枠に増枠


天地配置5


● 縦横8枠を縦横9枠に増枠


天地配置6


● 縦横9枠を縦横10枠に増枠


天地配置7


● 縦横10枠を縦横11枠に増枠


天地配置8


● 縦横11枠を縦横12枠に増枠


天地配置9



完全循環数列配置の世界 (封印解除) 2

Ⅱ 立体方陣

⑴ 平面方陣の立体方陣化

八卦数霊盤により、完全循環数列配置の平面方陣を作成できたら、

次の手順により、平面方陣を立立体方陣に構築する。 (天津金木の法)

封印解除6

⑵ パターン別立立体方陣

A パターン1の場合

0を挟んで対極位置にある数を対極数として陰陽に色分けする。

封印解除7


封印解除8


B  パターン2の場合

面を反転させてできる表面と裏面を対極面として陰陽に色分けする。

封印解除9


拡大すれば無限立立体宇宙



C パターン3の場合

面を反転させてできる表面と裏面を対極面として陰陽に色分けする。

封印解除10


拡大すれば無限立立体宇宙



Ⅲ 9進法の循環数学と10進法の直線数学(現代数学)との関係

下図は現代数学である10進法の1差数列を「渦巻状」にしたもので、

何故、数秘術なるものがあるのか疑問に答えることができるので、

まず、自分で検証し、確認して戴きたい。

9を0とし、二桁以上の数を加算して、一桁の数に変換する。

すると全ての数は、9進法の循環数学の数字と同じ位置にあることが判明する。

8が極限の数で9は0であり、空なのである。


封印解除11


要確認

赤色数字は9進法の1差循環数列

黒色数字は10進法(直線数学)の1差数列

数を一桁に換算すると9進法の数と同じとなり、9=0も判明する。

季節の変わり目は0となる。


封印解除12



Ⅳ 9進法の循環数学は別体系の数学


9進法の循環数学では、

1、2、3、4、5、6、7、8、0(9=0)の数だけを使う。

● 負数はない

● 虚数はない

● 複素数もない


一ケタの実数だけで、無限平面宇宙、無限立立体構造宇宙を数で表現できる。

虚数等を使わない代わりに、新たな約束事として、

陰+陽=9 

(表裏に別れる対極数同士を加算すると9の意味)

が基本となる。ただそれだけである。

封印解除13



完全循環数列配置の世界 (封印解除) 1

三種の神器の1つ「ヤタノカカミ」に数霊9が封印されていたが、

「神の数学」の出現により、その封印が解かれようとしている。

封印解除1

この封印を解くには、三種の神器の1つ「剣」が必要であった。

「剣」は戦いの武器ではなく、「蛇の智慧」を断ち切るのに必要なもので、

分かりやすく表現を変えれば、私達に備わっている、「第三の目」を開眼するために、

数霊9は0のことであり、立体化した場合には「空洞」となります。


封印解除2


パターン1の場合

0から0の周囲8個の数の示す通りの循環数列が米字方向に走ります。

八卦数霊盤の公式を使えば、簡単に数の配置が決まります。


封印解除3


最重要事項

拡大すれば無限平面宇宙

この図を見て、検証し、確認し、納得出来れば、即貴方の力となるはずです。

この図に配置される数はどの数も8つの循環数列の交点となり、

全体を構成する一員として、不動の位置を占めているということです。

 を手でなぞって、全ての循環数列が成立することを

一点の疑念の無きように、確信できるまで、何回も。




パターン2の場合

封印解除4


拡大すれば無限平面宇宙





パターン3の場合

封印解除5



拡大すれば無限平面宇宙





「神の法陣」に顕れる「陰陽両儀」、「四象」、「八卦」

「神の法陣」に顕れる「陰陽両儀」、「四象」、「八卦」

梅のはな開花塾「神の数学解説最終章」

法陣八卦23

法陣八卦24

法陣八卦25


ここに、色分けして示した八卦象のどの面を検証しても、

1つの面そのものが陰陽の組み合わせによる、

完全循環数列配置になっているために、

面を拡大しても、縮小しても、八方向に走る循環数列は不変である。


そのために、相似象という概念が的を射ている。

神の易に顕れる変化の象は大きく捕らえようが、小さく捕らえようが、

全体として考えれば、いずれも相似象の関係で同じ象となっている。


陰陽両儀の世界を細かく見れば、四象変化の世界となり、

さらに細分化して見れば八卦象の世界となる。

いずれも同じ変化の象に変わりは無いが、霊界と共に一体化して変化する

ことを示す「神の易」からは、誰も逃れることはできない。


「神の数学」を学んで発見したことは、発見と言うよりも、

驚愕したことになりますが、完全循環数列配置の方陣は無限に拡大しても、

その数列は乱れること無く、整然としているということです。

一糸乱れぬとはこの循環数列に見られます。

米字方向の8方向に関してのことですから、現代数学では考えられないことです。

図を見ながら、検証し再確認してください。


法陣八卦26

法陣八卦27

法陣八卦28


0を取り囲む周囲8個の数はどの位置に0があっても同じです。


法陣八卦29

法陣八卦30


ここに循環数列が8種類存在すること

対極数は陰陽で対極配置となること、が解ります。


法陣八卦31


法陣八卦32

これがヤタノカカミ図象です。

0が隠れています。

そのために、人為によって、0が9にすり替えられたことになります。

9=0に戻すことにより、本来の「神の数学」が顕れました。

過ちは糺すべきです。



カゴメ歌の解釈から始めた「神の数学」の解説をこれで「完」とします。

三種の神器の鏡と勾玉について、数で解読したつもりです。

残る1つの剣についてはその所在が「天道」にあることを、お知らせします。

輪廻転生を信じられる人々や、道を求めての求道者の人々にとって、

あなた方の求める「法」が顕れているのです。

仏教ではなく、仏法そのものが存在します。

「天道」とは何かと言うことになるので、先日発売された本を紹介します。

天道説明

生死輪廻を逃れ極楽に帰る 
「天道説明」
<たま出版>

神一厘の秘密は仏教の教義の中に隠されている、仏法であり、

正法といわれている「法」なのです。

神一厘の秘密については、本講座の「最終講座として」と題する箇所を御覧下さい。

「法」をとにかく貴方自身が得て下さい。






カテゴリ

プロフィール

ホクラの梅

Author:ホクラの梅


「神の数学」佐藤敏夫先生の後継者である、梅村一彦先生主宰のWEB進化版「神の数学 梅のはな開花塾」へようこそ♪

童謡「カゴメ歌」に秘められているカゴの中のトリが今現在出ています。

インターネット上に公開されている「神の数学」を御覧下さい。

当塾はトリの正体である循環数学を解説しています。

神のメッセ-ジ・コ-ドを紐解き『数の世界(意識世界)』の扉を一緒に啓いていきましょう。

御訪問ありがとうございます

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR